• ホーム
  • プロペシアの病院処方について

プロペシアの病院処方について

プロペシアは男性用の頭髪抜け毛治療薬の名前で、最近よく耳にするAGAとは男性型脱毛症のことで、若くても悩みを抱える人が多くAGA専門治療クリニックが数多くあります。
プロペシアは市販の育毛剤などと異なる国が定める医薬品です。
病院の皮膚科や内科でも処方してもらえますが、AGAの治療に特化したクリニックなどで経験豊富な専門医の診断を受けた上で服用すると安心でおすすめです。

ただAGAの治療は、美容整形などと同じようなカテゴリーで生命に直接関わるものではないと見なされているので原則健康保険の適用外になり、診察とプロペシア処方を合わせるとかなり高額になる場合があります。
医師が自由に診察料や処方薬の価格を決めることができるので、クリニックによって、医師の治療の腕も患者の数や、蓄積されたデータにも大きな差があるからです。

プロペシアはアメリカの大手製薬会社が開発した先発医薬品であり、その特許期間は2019年まであります。
研究開発に膨大な時間とお金を投資しているのでどうしても価格が高くなってしまうそうです。
プロペシアの特許が切れると、後発薬が出てくることになり費用など環境も変わってくるかもしれません。
まずはネット上でプロペシアの料金を公開しているクリニックを調べて、実際に自分の目で雰囲気や、無料カウンセリングや検査を受けて信頼できる医師を見つけることです。

AGAで通院するのがどうしても恥ずかしいという人もまだ多く、女性専用、患者数が多い男性専用クリニックがありますので、異性の目を気にすることなく通院することができます。
海外には安く手に入る他の医薬品もありますが、日本で未承認の医薬品を通販で購入する際には、返品ができず、利用に際して全て自己責任になる、ということを確認しておくべきです。
例えば普段服薬している薬との相性や飲み合わせなども全て自己責任になってしまいます。
医師の診察をしてもらった上、AGAに他の病気が原因とされる場合、健康保険が適用になることもあります。
やはり信頼できるAGA専門のクリニックの医師にプロペシアを処方してもらうのが一番です。

プロペシアを処方されるまでの流れ

抜け毛や薄毛が気になりはじめたら、AGAである可能性が考えられるので日々の生活からストレスを取り除き規則正しい生活を心掛けましょう。
健康な髪を作る良質なたんぱく質の大豆や豚肉、魚、卵を摂り、無理なダイエットや偏食を直ちにやめることです。
睡眠不足は成長ホルモンの分泌を低下させ、運動不足は慢性的な血行不良を招きます。
頭皮や髪への栄養素や酸素が不足してしまうと、症状がますます悪化してしまうからです。
シャンプーを育毛用のものに変えてみたり、育毛剤を使う方法もあります。
周りの目を気にしすぎて逆にストレスを感じるのであれば真剣に考えすぎずに自然にしておくことです。

見た目に大きな変化を求めるなら、現在最も代表的なAGA治療薬として認められているプロペシアの料金を公開している病院を調べて、無料カウンセリング、血圧などの検査を受けて信頼できる医師を見つけることで悩みが軽減されます。
薬が体質に合うかどうかを調べる遺伝子検査を行う所もあります。
最近ではAGAの患者数の多い男性専用のクリニックもあり沢山の患者を治療してきた経験豊富な医師やスタッフが、専門知識とノウハウで悩みに寄り添い、AGAという不安の多い長期の治療でも安心して通院できるようなきめ細かいフォロー体制が整っています。
プロペシアなどの治療薬は4~6か月以上継続的な服薬で少しずつ良い変化を感じられると言われています。
最近多いのは精神的ストレスによる抜け毛や薄毛で、AGAの症状に他の病気の原因が疑われる場合は、保険診療が適用される場合もあるので、他の病気で通院や服薬している人は特に親身に相談できる医師にかかることが重要です。
最初は恥ずかしいという気持ちや、費用面で通院を躊躇する人も多いですが、医師に相談し、診断を下してもらうメリットの方が大きいからです。

関連記事