• ホーム
  • プロペシアとサプリの併用は可能?飲み合わせは?

プロペシアとサプリの併用は可能?飲み合わせは?

プロペシアとノコギリヤシはどちらもAGA対策に用いられますが、併用しても大丈夫なのでしょうか。
まず両者の違いを見ると、プロペシアは厳密な臨床試験の結果、医薬品として承認を受けています。

一方、ノコギリヤシは医薬品ではなく、あくまでサプリメントです。
医薬品に比べて体への負担は小さいものの、確かに効くという科学的な根拠が証明されたわけではありません。
ただし両者は同じような作用機序を持つとされています。
すなわちAGAの原因となるジヒドロテストステロンの合成を阻害することで、脱毛を予防するという仕組みです。
そのためプロペシアとノコギリヤシは体内に入ると同じように作用を及ぼすと考えられます。
ならば2倍効くかというと、それほど単純ではありません。

ノコギリヤシはプロペシアに比べれば弱い作用しかないので、実際にはプロペシアを単独で服用した場合と大して変わらない印象になるでしょう。
結論として、プロペシアとノコギリヤシを併用しても健康に害があるわけではありませんが、メリットもあまりないと考えられます。
出費の面でも無駄になる可能性があるので、服用するならプロペシアかノコギリヤシか一方に絞ったほうが良いでしょう。

プロペシアと他の育毛剤の併用しても問題ない?

プロペシアと他のサプリや育毛剤を併用した場合はどうでしょうか。
亜鉛サプリは育毛サプリの中でも代表的なもののひとつです。
亜鉛は毛髪を成長させる材料のひとつであり、脱毛を防止するプロペシアとは作用機序が異なります。

したがって併用しても問題はなく、むしろ発毛促進に役立つと考えられます。
他の育毛剤のうち、プロペシアの主成分であるフィナステリドや、同じような作用を持つデュタステリドが含まれた製品は、一緒に飲むと作用が重複してしまいます。
つまり1日の制限摂取量をオーバーすることになりますから、併用するのは避けるべきでしょう。

フィナステリドを含まない育毛剤なら、原則として併用してもかまいません。
プロペシアが脱毛を予防すると同時に、育毛剤が頭皮の血行を促進し頭髪の成長に必要な栄養分を供給して、いっそう発毛が期待できる場合もあります。
内服タイプではなく直接塗布するタイプの育毛剤であれば、作用は頭皮に限られるので、プロペシアと変な反応を起こすリスクも低いでしょう。
実際にAGA専門のクリニックでも、プロペシアと他の育毛剤の併用を治療方針にしているところがあり、現在では育毛法の定番といっても過言ではありません。

プロペシアとよく使われる薬との飲み合わせは?

日常的によく使われる薬として、ロキソニンや風邪薬、花粉症薬やステロイド剤などが挙げられます。
これらの薬とプロペシアとの飲み合わせはどうでしょうか。風邪薬や花粉症薬などは、毎年飲まないと生活に困るという方も多いでしょう。

またステロイド剤は軟膏をはじめ多くの薬の成分となっていますし、ロキソニンも愛用している方の多い痛み止めです。
プロペシアは長期間にわたって毎日服用しないといけない薬なので、飲み合わせが悪いと実質的に使えなくなってしまいます。
意外かもしれませんが、実はプロペシアに併用禁忌の薬はありません。これは使用上の注意にも書かれていることです。

男性ホルモンのテストステロンに影響することから、ステロイド剤に関係があると勘違いされがちですが、直接的な関係はありません。
プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として、すでに20年以上の歴史があり、多くのデータが集積されているため、飲み合わせの悪い薬はないという結論が出ています。
もちろんプロペシアも医薬品の一種ですから、飲めば肝臓に一定の負担をかけます。
重い肝障害がある方や、他の病気を治療中の方が服用するときは、事前に医師と十分相談することをお勧めします。

関連記事