• ホーム
  • フィンペシアとエフペシアの違いは?

フィンペシアとエフペシアの違いは?

フィンペシアとエフペシアの価格に違いは?
AGA治療薬といえばプロペシアが有名ですが、プロペシアのジェネリックとして有名なのがフィンペシアです。
フィンペシアはインドのシプラ社が発売しているものですが、インドは特許制度の違いから日本でのプロペシアのジェネリックが登場する以前から販売されていました。
このフィンペシアの成分はプロペシアと同じフィナステリドが含まれており量も同じですからその効果は同じものです。
一方でフィンペシアを発売するシプラ社からはもうひとつ同じAGA治療薬のジェネリックであるエフペシアが販売されていますが、含まれる有効成分はフィンペシアもエフペシアも同じフィナステリドであり、効果に違いはありません。

価格に関しては、エフペシアの方が若干安いといった傾向にありますが、そもそもインドのシプラ社が販売しているジェネリックは非常に安価であり、具体的には1錠あたり30円と先発のプロペシアと比べると10分の1近くで販売されており、差があるとしても数円程度ですからそれほど大きな違いとはいえません。
一方で含まれる成分の量はどちらも同じで副作用も同じとされていますが、エフペシアの方が錠剤が若干小さいので飲みやすいといったメリットがあります。

なぜ同じメーカから発売されているの?

シプラ社から2つのプロペシア(フィナステリド)のジェネリックが製造販売されている理由としては、その含まれている成分が挙げられます。
薬は有効成分のほかにも錠剤を作るためのコーティング剤などが使われていますが、フィンペシアにはそのコーティング剤にキノリンイエローという成分が使われており、このキノリンイエローが日本では発がん性があるとされているものであり、このため国内では自主規制されている成分です。
その一方で日本以外の国ではキノリンイエローに規制がないケースも多くキノリンイエローを使ったフィンペシアの製造が続けられており、このためエフペシアはキノリンイエローに対する国に向けのジェネリックという扱いになります。

このように自主規制の成分を取り除くことを背景として登場したプロペシアジェネリックのエフペシア。
しかし、結局のところキノリンイエローは欧米などでも規制されることになったことから、現在のプロペシアにはキノリンイエローが含まれていません。
ほぼ同じ成分で構成されたプロペシアのジェネリックとなっており、このため将来的にはエフペシアが製造中止になる予定ですが、現在も販売されており手に入れることが可能です。

フィンペシアとエフペシアの購入方法

フィンペシアとエフペシアはいずれも日本では未認可の薬であるため国内の薬局やクリニックで購入することはできません。
しかし、日本で未認可の薬でも海外から個人輸入をすることで手に入れることができます。
個人輸入は自己が使用する目的で海外から購入するというもので、特に海外で製造販売される医薬品では人気があるものです。

また個人輸入といってもそれほど難しいものではなく日本語に対応した通販サイトを利用すれば誰でも簡単に手に入れることができますし、クレジットカード決済だけでなく銀行振込でも購入できます。
購入するさいの感覚も国内での通販サイトのそれとまったく同じですが、ただ個人輸入という性質上、通販サイト、特に海外の業者を利用するという点から悪質な業者もあるので信頼のおけるところを選ぶことが大切です。

それと個人輸入ではあくまでも自己責任で使用することが求められます。
このため副作用に関しては十分に留意することが重要です。
可能であればAGAクリニックを受診してプロペシアなどを使用してみて副作用がなく効果が見られる場合に、フィンペシアやエフペシアを代替として使うといった方法の方が安全に効果を実感することができます。

関連記事